「医療費通知書」及び「ジェネリック差額通知書」の送付について

 「医療費通知書」及び「ジェネリック差額通知書」をお勤め先へ発送しております。
 ご自身やご家族の受診状況等を振り返っていただき、より適正な受診に繋げていただくためにご活用ください。
 今回送付の医療費通知書につきましては、令和元年7月診療分から令和元年12月診療分まで(柔整・はり・きゅうについては令和元年6月診療分から令和元年11月診療分まで)の医療機関等で受診した記録等を集約しております。なお、この通知書は医療費増嵩対策の一環として送付しているため、医療費控除の申告手続きに使用できるものとしては完全ではありませんので、ご了承願います。
 確定申告用の医療費通知書が必要な方については、「確定申告用医療費通知書発行願書」により申請手続きをお願いします。
 また、データヘルス事業の取組の一つとして、対象者の方のみ令和元年10月診療分から令和元年12月診療分までのうち、慢性疾患により処方された医薬品をジェネリック医薬品に切り替えた場合、最も薬剤負担の軽減可能額が大きくなる月の内容を掲載した「ジェネリック差額通知書」を併せて送付しています。
 ジェネリック医薬品については、本年9月までに使用割合を80%とすることが共済組合に求められておりますので、組合員並びに被扶養者の皆様方の積極的な利用にご協力いただきますようお願いいたします。

閉じる

PageTopPageTop

© 和歌山県市町村職員共済組合. All Rights Reserved.